もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

提示された金額が疑問なら交通事故弁護士に相談する

交通事故に遭い被害者になったとき被害によって損害賠償金を請求できますが、完治するか完治が見込めないときは症状固定になるまで待つ必要があります。 被害者が賠償請求金を請求できるのは治療費などの経済的な損害と、慰謝料などの精神的な損害です。

治療費は、加害者や保険会社が負担しますが、被害者が一旦病院に払う必要があります。 払った治療費は、被害者が一旦立て替えるため負担がかかります。 そのため示談交渉で保険会社が提示する金額に疑問を感じた場合は交通事故弁護士に相談して、場合によっては代理人になってもらうのも良い方法の一つです。