もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

示談に納得いかないときは交通事故弁護士に相談を

自賠責保険は、被害者に加害者が慰謝料を含めた損害賠償金を支払ってから、加害者に保険金が支払われる形になっているのですが、加害者が賠償を怠る場合は被害者が直接自賠責保険に保険金の支払を求めることができます。 しかし、加害者から一部でも賠償金を受け取っているときは加害者の請求が優先されます。

また任意保険は、自賠責保険の上限金額以上の損害賠償金を補うために各自の意向で加入が任されている保険です。 任意保険に入っている状態で交通事故を起こしてしまったら、六十日以内にその保険会社に知らせる必要があります。 示談交渉がまとまらず、納得いかないときは、交通事故弁護士に相談するのが良い方法です。