もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

交通事故弁護士に依頼する安心感

交通事故の被害者になった場合、慰謝料請求は交通事故弁護士に依頼した方が良いでしょう。慰謝料を算定する基準は「自賠責保険基準」「任意保険基準」「弁護士基準」があり、「弁護士基準」が最も高額です。

加害者との示談交渉は、保険会社の担当員や加害者側の弁護士を相手にすることが多く、法的な知識や相場を知ることなく交渉を行ったのでは、妥当な慰謝料を受け取ることは難しいです。相手は交渉のプロですから、相場よりも安い金額で交渉をまとめられる恐れもあります。 その点、交通事故弁護士に依頼をすれば、必要なことを漏れなく主張し、手続きや交渉もスムーズになります。また、専門家を見方に得た安心感は大きなメリットです。