もし交通事故に遭ってしまったら、頼れる弁護士に慰謝料や賠償金について相談しよう

TOP 過払い請求 『過払い請求』を忘れていませんか

『過払い請求』を忘れていませんか

過払い請求をご存知でしょうか。クレジットカードのキャッシング枠などで、過去に借金をした人が、利息を払いすぎていたと裁判所の判決で出されました。それに伴って、多重債務など高額で払い過ぎた利息を返還しようというのがこれに当たります。その際には、国家資格を持った専門家に依頼して借金を帳消しにしたり、払い過ぎた分のキャッシュバックを受けたりするのが一般的です。

現在では弁護士事務所や司法書士法人など、テレビやラジオコマーシャルを流す時代です。過払い請求には時効があり、期限を過ぎると返ってくるお金も返ってこなくなってしまいますので、心当たりがあればいちど電話してみることも必要でしょう。

過払い請求を検討すべき対象について

過払い請求について耳にしたことがあるかと思いますが、一体どのようなものなのでしょうか。

過払い請求というのは、債務の返済について法定金利以上の利率分を返済していた債務者が、払いすぎた分のお金を返還してもらえる手続きのことです。もっとも債務が一つの場合などについては、債務者も法定利率の範囲内かどうかは判断がつくため、あまり請求対象者となるのは少ないです。

しかし多重債務者の場合、債務の種類や内容が多いため、法定利率の範囲内かどうかを判断できず、結果として過払いになっている場合も多くあります。そのため、多重債務のあった場合は、過払いになっていないかを確認する必要があります。

過払い請求のメリットとデメリット

最近、テレビやラジオでよく聞く、過払い請求ですが、当然ながらメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、やはり払い過ぎた金利の返還が受けられる点です。なかには100万円を超える金額を返還してもらった方もいるようなので、過去に借金経験のある方や、現在、多重債務のある方は弁護士に相談してみるのも良いと思います。ただし、弁護士によって手数料が違うみたいなので、事前に手数料を調べてからの方が良さそうです。

デメリットとしては一度過払い請求をするとお金が借りられなくなるとの事ですが、これは当然と言えば当然ですね。一方ではブラックリストにのるからと言う説もあるようです。

過払い請求を求める上で必要な引き直し計算

過払い請求は、借り入れの上限金利の法律であります利息制限法の利子で引き直し計算をした場合に、借金が零になっていたにもかかわらず、気付くことなく支払いを続いていた場合に起こります。法律上返す必要のないお金を払い続けていたことになりますので、貸金業者側に返金を請求できます。

このような過払い請求ができる場合に多いのが、多重債務を持つ方々に多いということです。この請求の発生には、貸金業法と言う法律で貸金業者は、出資法で定まれている年率29.2パーセント以内ならば利息制限法の上限を超えた利息をとっても良いとされています。

過払い請求は弁護士に依頼

過払い請求という言葉は、最近テレビでも耳にする機会が大幅に増えました。そのため、過払い請求の弁護士に依頼して対応してもらえます。

依頼主がしっかりと選び、信頼できる弁護士を見つけるのが大切です。なぜなら、その事務所により基本となる手数料の額が異なっているからです。きちんと費用に関してオープンに明示してくれるところは信頼できます。

また、担当者の力量や事務所の交渉方針で、返ってくる過払い金の額も違ってきてしまうようです。それで、きちんと対応してくれて、費用も明示してくれる信頼できるところをまず見つけることが第一歩になります。

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

過払い金と過払い請求関連

メニュー

交通事故の相談HOME 交通事故相談 交通事故 交通事故弁護士 弁護士 交通事故慰謝料 過払い大阪 過払い請求